観葉植物年少盛夏时

年少真夏の時、政府の寄り合い住宅がたくさん野草豊長地方、特に日光熾烈な昼、夏の庇護の草、夏は彼に緑の皮膚、放っておけば同じ緑の虫がその間に自由に運動して、セミの鸣き声で満腹で熱い空気内になってひとつひとつのメタルバースト粒子に飛び散る.大人にとって,熱い空気は我慢できない、当然、家に隠れて外出したくないということだ.

しかし、私と友だちに、まだ人の男の子、私たちだけでごろごろ退屈感と太陽を敵に回して、たとえ少しの楽しみのために、暇がない猛暑、走った庭の隅.私たちは草むらで最初にバッタ、巨大な体、力強い足の足を見て、楽しみにしています.

p

として……誰かが初のバッタの足を引っ張ったて、誰かが捕まえたカマキリを踏んでばかりになった薄緑肉ゼリー、誰かが家から持って医療用の筒を捕えた虫浣腸ます;更に誰かが手に入れる白いエナメル杯、注入水を火にかけて、いくつかの虫子を入れてそのうち、虫煮淫乱に近く,黄昏.食事の時間になると,観葉植物、私たち何処吹く風それぞれ家に帰って、横になって、殘したまま一枚の虫を殘した尸 痩せ薬の効果;に白いエナメルカップには冷却水の中、煮オレンジ夕日色合いのロット.

p>よう<行為を楽しみ、年少盛夏时、多分やっさん回以上.虫の行為をさせないために起こる苦しめて、しばらくして、政府機関の決定を徹底的に取り除く野草豊長の草むらに替えて平らな芝生.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です